Copyright © 2019 UESUGI TAKASHI

みんなでつくる、中央区長

​「88の政策」

みんなでつくる、中央区長。「88の政策」

どこかの政党のものでも、どこかの企業のものでも、役所の偉い人のものでもない

日本橋のものでも、京橋のものでも、月島のものでもない

中央区政に忖度なし、中央区政を「初期化」する

みんなでつくる、中央区長

中央区長は「あなた」です

(令和元年度予算1031億円)

※注:ポリシー中心なので、法的な実現性、行政権限の検証、および予算配分においては未実証の部分があります。すでに実施済の政策や予算のついている政策、重複もあります。必ずしも確定した「公約」ではありません。あくまでアウトラインであり、今後も、引き続き「中央ポリシー」を成長させていきます。

【みんなでつくる、くらし方】

1. パートナーシップ条例で多様性
2. 「中央こども手当」制度を創設
3. 不妊治療補助(居住年数制限あり)
4. 出産祝100万円(出産時)
5. フィンランド型ネウボウラ
6. 未就学児こども手当(区内居住年数等条件あり)
7. 認定こども園、こども議会など
8. 待機児童辞退家庭への優先支給(10万円)によって、待機児童ゼロ
9. 子育て支援策/病児児童の利用補助
10. 「こども社会保障制度」 新しい保育、新しい教育プログラム
11. 東京パラリンピックを成功させ、区内ソフトとハード両面でのバリアーフリー化の完全実施
12. 「中央アプリ」による「こども」の安全確保
13. 児童館などの増設
14. 幼老一体化のコミニュティ施設
15. 区役所にAIテクノロジー「中央AI情報アプリ」(仮称)を導入
16. 「e-デモクラシー」構想。区政の徹底した情報公開。
17. AIテクノロジーによるオープン&フェアネスで区政を透明化。
18. 買い物も、公共交通も、行政手続きも「AI顔認証」で登録が簡単に。
19. 高齢者の健康管理やコミュニケーション支援や、一人暮らしの不安を除去する「AI連絡網」
20. 長寿100歳100万円
21. 80歳以上給付金(区内居住年数による)
22. 「中央アプリ」クーポン配布(商品券3万円程度)
23. 「学校いじめ対策委員会」転校対応の迅速化
24. 中央区独自の奨学金制度

【みんなでつくる、はたらき方】

25. 大学サテライトキャンパスを誘致し、学びと働きを融合する
26. スタートアップ誘致で、30代40代の起業支援
27. ひとり暮らし、DINKS世帯などの働く世帯への優先減税
28. ひとり月額5万円の起業ベーシックインカム(居住年数、収入制限などの条件あり)
29. 八重洲、築地、晴海の開発地域に起業サテライトを設置
30. あらゆる情報のロウデータを第三者が検証可能な形式でオンライン公開
31. 行政データのオープン化。ハローワーク支援
32. ブロックチェーンを用いた地域通貨(トークン)を発行
33. 中央区全駅、および小・中学校に行政機能を備えたAI区役所を設置
34. ペーパーレス、キャッシュレスの「中央情報アプリ」で最先端のモデル都市
35. 30代40代を中心に区政委員会。区長直属のアドバイザー制度(顧問)
36. 活用されていない「区政への提案」制度見直し
37. 区長にチャットベースで提案できる窓口を開設(採用された提案者には地域通貨をプレゼント)。
38. 区長直轄の諮問会議の設置。30~40代を大幅登用。一般住民参加型「諮問会議」
39. ブラック企業をなくす。保育士や介護士のはたらく現場の改善
40. 中央区役所内の行政文書は電子的に作成、保管し、タブレット等での閲覧を義務付け、完全ペーパーレス化を実現。
41. 匿名性に配慮しつつ、区職員に電子的なID(CIAを利用)を付与し、オンライン上で全職員の担当事業や勤務実績・待遇等を区民が確認できるようにする。
42. 民間事業者と協働し、最先端の自治体経営基幹システムを研究開発し、
43. 全国の自治体に「中央eシティ」システムを販売し、ライセンス収入を得られるモデルを構築(AIスタートアップ)。

【みんなでつくる、まち】

44. 世界最先端の医療センターを併設した総合病院を誘致。
45. IRと医療ツーリズムでインバウンドを誘致
46. 区民のための「中央総合病院」の設立(病床数カウント)
47. 区民の健康をビッグデータでAI管理
48. 24時間小児緊急医療体制(救急医療病院)
49. 震災時の帰宅困難者の対応(昼間人口が夜間人口の約4倍)
50. 勝どき、佃、月島、晴海、豊海町全域を結ぶ地下道の設置。動く歩道
51. 湾岸地区のビル風対策で地下歩道を早急に設置。「動く歩道」も
52. 日本初の地下サイクリングロード(条例変更/博多天神型の地下ショッピングモール)を設置
53. 晴海、豊海町、勝どきのタクシープール
54. 東京駅八重洲口の乗降所などの再整備
55. コミニュティ・タクシーの導入(ウーバー方式)アプリ管理による区内無料タクシーも
56. 条例改正によって管理会社を町内会に組み込む。マンションと地域住民の融合を図る
57. LED街灯の設置などを通じての防犯対策。東日本橋、新川、日本橋浜町、湊、八丁堀など
58. 資源の有効活用(土地・空中権・ウォーターフロント・文化)
59. 仮設でテラスカフェ(条例)。(天王洲TYハーバー方式)
60. 晴海クルーズシップ停泊拡大。ホテルシップ条例緩和()
61. 民間決算行政監視委員会(オンブズマン)
62. 震災時などのブラックアウトや避難方法などの対策。船舶燃料タンカー(港区と共同)
63. 震災時の避難(自宅避難)の問題検討。
64. 災害グッズの無料配布
65. 防災時ホテル、船舶の活用
66. 官民問わず、すべての建物への電力供給(自家発電)
67. 区長および区議、区職員などの給与の5%、賞与の10%を地域通貨で支給し、中央区内での地域通貨供給量を増やしキャッシュレス化を推進する。
68. サイバーセキュリティ構想。見守りカメラ
69. 「中央まちつくり協議会」の再編。アップデート。

【みんなでつくる、みらい】

70. 特別区会の連携、権限強化。周辺区との行政連携(千代田区、港区、江東区、台東区)
71. 東京湾大華火祭復活(中央区主催)資産価値の向上
72. 「銀座新線」開通前倒し(都予算2500億円の配分)
73. 勝どき橋を上げる。
74. 江戸バス再整備
75. 容積率を緩和して、緑と資産価値を増やす。八重洲再開発など(特区)
76. 固定資産税の自主財源化(区税化)。
77. マンションの一戸あたりの「特別住民税」(非居住者との不平等感をなくす)
78. 「左岸LEDライトアッププロジェクト」~夜を照らす
79. 「築地ルネッサンス100年計画委員会」~築地場外市場の再興
80. 「日本橋オープンスカイプロジェクト」~首都高地下化で星空を。都市再整備
81. 「中央アイランド構想(仮)」(名称のみ。みんなでつくる、成長政策)
82. 「運河テラス開発機構」条例変更によるカフェ・マーケット構想。
83. 日本橋川、隅田川テラス、運河などウォーターフロント整備(セーヌ川、京都鴨川床、NYCイーストリバーなど)河川18%という水利を活かす
84. 東京の玄関口の八重洲に文化芸術エリア。芸術を中心とした地方大学や地方都市の芸術村を誘致。日本橋という文化の拠点の窓口を日本各地につなぐ。
85. AI図書館。「e-カレッジ」構想。リベラルアーツ中心。インターカレッジ。
86. メディアリテラシー教育
87. AIプログラミング教育
88. 「◯◯◯◯◯」☚あなたの作る政策です

「みんなでつくる、成長する中央政策」

成長する中央政策に終わりはなく、これからがスタートです。

令和時代、中央区政は日々アップデートされるでしょう。

 

16万人の区民ひとりひとりが政策立案者であり

1000億円(令和元年度)の予算執行者なのです。

 

だから、みんなでつくる、中央区長。

中央区長は「あなた」なのです。

  • facebook
  • 上杉隆ツイッター
  • 上杉隆 Instagram

上杉隆オフィシャルサイト