top of page

東スポweb版『本紙連載でおなじみ上杉隆氏「東京・中央区長選立候補表明」の意気込み』

 東京スポーツ本紙政治対談連載「言いたい放談」でおなじみの「NOBORDER」代表取締役社長の上杉隆氏(50)が12日、都内で会見を開き、東京・中央区長選(14日告示、21日投開票)への立候補を表明した。AI(人工知能)の区政導入、築地場外市場の振興などを公約に掲げた。


 上杉氏は2016年の東京都知事選で約18万票を獲得し、4位に敗れて以来、2回目の選挙戦。中央区は秘書を務めた故鳩山邦夫氏の地盤(旧東京2区)で、旧築地市場や銀座、日本橋、東京五輪の選手村がある晴海など、都内屈指のスポットを抱えるエリアだ。一方、タワーマンション急増による人口増加、築地再開発問題、交通インフラなど問題が山積している。


東スポweb


閲覧数:188回2件のコメント

2 Comments


このテキストは、非常に有益で、明快かつ簡潔です。資料は、読者の理解と学習を最大限に高めるために体系的に提示されています。 geometry dash online

Like

Kari Maru
Kari Maru
May 08

これは非常に興味深いニュースです。これは、この地域の政治情勢に関心と変化を引き起こす可能性があります。 password game

Like
bottom of page